介護職につくにはどうしたらいいのでしょう?実際にどんな仕事をするの?

介護職に必要な資格は?

介護職の求人を見てみると、未経験もOK!と書いてあるものもありますが、資格を取ってから求人活動をする方が良い待遇が得られます。では、介護職に必要な資格とはなんでしょう。以前、ヘルパー2級という資格がありましたが、今は介護職員初任者研修という資格に変わっています。介護職員初任者研修の資格を取るためには130時間の研修と研修が終わった時に試験を受けるなければいけません。この資格を習得する場合、受講資格に条件はないので誰でも受けることができます。就職後も資格がない人よりも高待遇を受けることができるので、まずはこの資格にチャレンジしてみましょう!

どのような職場に就職できるの?

介護職の具体的な仕事とは、高齢者や障害者の人たちの日常生活をサポートすることです。在宅介護だけでなく養護老人ホームやデイケアの職員など、いろいろな形で働くことができます。在宅介護の場合は、利用者の身の回りの世話などの生活援助や入浴介護などの身体援助が主な仕事です。施設で働く場合は、介護施設に常駐して入所者の身の回りの世話をすることになります。自分の適性やライフスタイルにあった仕事の形態を選ぶことができるところは嬉しいポイントですね。

介護職の待遇や将来性は?

介護職の報酬はどれくらいか気になりますよね。地域によって差がありますが、正社員として働く場合は月に17万円から25万円。パートの場合は、時給850円から1500円前後というのが相場のようです。介護職は実務を重ねることでステップアップすることができます。介護職員初任者研修を取って経験を重ね、国家資格である介護福祉士そしてケアマネジャーと進んでいくことができます。介護職はこれからさらにニーズが高まることもあり、将来性は十分にあると思います。

介護の求人を東京で探す際には、介護分野に特化した求人サイトを活用することで、より効率的に求人探しができます。