ガソリンスタンドのバイトはこんな点に注意しよう!

油種限定の車に注意!

ガソリンスタンドの一番の仕事は接客をしながら給油をしたり、車の掃除をしたりする事です。笑顔で接客をすることは当然ですが、それ以上にガソリンの油種を間違えない事が大切になります。ほとんどの車がレギュラー大切になっていますが、ごく稀に軽油やハイオク限定の車もあります。万が一そのような車にレギュラーガソリンを給油してしまうとお客の車が壊れてしまいます。そのため油種が指定された車は覚えておかないといけませんよ。

車検の補助なども行います。

ガソリンスタンドによってはリーズナブルな車検点検を行なっている場合もあります。ほとんどの作業は国家資格を所持した正社員が行います。しかし、正社員が忙しい場合にはある程度の補助を行う時もあります。その際には当たり前の事ではありますが、正社員の指示に従う必要があります。万が一自分勝手な判断をするとお客の車を壊してしまい、後々大変なことになる場合があります。技術に自信がない場合には出来ないと伝える勇気も必要ですよ。

バイトでも事務作業も行います。

ガソリンスタンドは、大手石油卸売会社からガソリンを購入して販売しています。車検点検を行なった場合には、陸運局に納税作業も行います。バイトも正社員と一緒に事務作業を行う場合があります。ガソリンスタンドの事務作業はかなり正確性を求められており、一つ間違えると大変な損失となり、アルバイト先にかなりの迷惑をかけます。バイトといえど事務作業を行う際には、絶対に間違わないように慎重に計算する必要がありますよ。

ガソリンスタンドでのバイトでアルバイトの経験を積む人が多いです。働きやすいアルバイトとして知られていますし、接客業なので人として成長をすることも出来ます。